TOP  >  スタッフブログ  >  スタッフF  >  PCガードマン  >  XPから他OSへの移行作業で困ったこと

スタッフF さんの日記

 
2014
2月 24
(月)
01:30
XPから他OSへの移行作業で困ったこと
本文

 

結論から言うと、PCに入れたソフトはしっかりユーザー登録をして、その情報をしっかりメモっておきましょう!という事です。
以下に、その顛末を。
 
 
WindowsXPのサポート終了に伴い、PC買い替えの需要が高まり、いろんなオンラインショップでも品薄状態になっていたりする今日この頃です。
PCを弊社でご注文していただいた時も、「なるべく早く入荷してくれよ!」とドキドキして過ごしていたりします。
ただ、私共にはもう一つ忘れてはならない、需要が高まっている作業があります。
 
それは、WindowsXPから他OSへの入れ替え作業です。
 
WindowsXPからWindows7以降のOSに入れ替える場合は、OSを新規に入れ替える事になります。
同じPCで入れ替え作業を行うので、各種データのバックアップを取り、入っていたソフト群も再現しないといけない為かなり時間がかかります。
おまけにWindows Updateや、インストールしたソフト、PCメーカー様のツール群のアップデートでさらに時間がかかります。
そういう状況ですので、みなさんのご想像の通り、この作業の他にもいろいろな仕事を抱えている私は、かなり焦って作業を行っています。
 
ただし細心の注意を払って作業を行いますので、通常はしっかりと作業が完了します!
ご安心くださいっ!!
 
・・・という前置きを書いたという事は、一筋縄で行かなかった事例があったという事(汗
 
それは、OSが変わったとは言え、同じPCへのセットアップなので、以前使用していたソフトのインストールになんら困ることはない!と思って油断していた事から始まりました。
颯爽と再インストールをしたところ、あるメーカー様のソフトでは、「このソフトは2台には入れられないので、以前のPCの情報を消して下さい。」という趣旨の表示が・・・
当然、以前の状態のPCがあるわけじゃないですから、そこから情報削除はできません。
でも、まだ余裕でした。
シリアル番号が手元にあるため、ユーザー情報から手続きができるに違いない!そう思っていました・・・
しかし、今回はユーザー登録情報がどなたに聞いても分からず、手続きするページにログインができない状況に(汗
ソフト起動時に毎回メッセージは出るわ、アップデートもできないわ、という状況に陥ってしまいました。
 
結局、メーカー様のサポートの電話番号を調べて、「なんとかお願いします!」と救済措置を粘り強く交渉して、「今回は特例ですよ!」という一言と共に解決してもらえました。
まあシリアル番号を入力しても、メーカー様のサーバーにユーザー登録情報がなかったということでした(ユーザー登録そのものをしていなかった?)ので、本当に特例だったのかもです。
 
最近は、ライセンスをしっかり管理するソフトが増えていますので、このような状況に陥らないためにも、しっかりとユーザー登録をして情報のメモを保管しておくことをお勧めします。
 
閲覧(8116)